私が学徒のときに夢中になっていたホビーの一つが、くくり危険として行なう狩猟でした。

身が学徒のときに夢中になっていた趣味の一つが、くくり謀略によって行なう狩猟でした。
ずいぶん普段の生計の中で巡る内の少ない狩猟というものを分かるきっかけになったのは、ユニバーシティで行われた狩猟集会でした。身は農学部に所属していたのですが、農業によって獣害がどんなに深刻であるか、野放し生物の肉をジビエとしてどんなに有効活用して行く必要があるか、ということをこういう集会でやっと知ったのです。また、中国田舎の片田舎で育ったこともあり、ちっちゃい内には曾祖父が猟師として山野でイノシシを捕ったりしていた景観を漠然と覚えていたのも、狩猟というものを盛り込みた一つの目的だったかも知れません。
摂ることも好物だったし、猟師氏たちにもどうしても良くしてもらい、狩猟ライセンスをとって2時代目には自分で獲物を捕え、捌き、調理するという順序ができるようになっていました。
そうして狩猟の基盤に首を突っ込んで何とか、鳥獣を食する、に関してに関して賛否両論様々な所感が飛び交っていることを知ったのです。あまりお綺麗な趣味ではありませんでしたが、人として本当に肝を学ぶのに必要だったとしていらっしゃる。http://www.upsidcltd.com/